筋トレ

アブローラー(腹筋ローラー)

今回は、アブローラーの選び方や種類を紹介していきたいと思います。

アブローラーとは

アブローラーとは、主に腹筋を鍛えることを目的としたトレーニング器具です。
やり方によって、腹筋以外の部位にもアプローチができます。
さらに、コンパクトなので場所を取らず、自宅でもしっかりとしたトレーニングが行えます。

アブローラーの選び方

ベーシックタイプ

出典:Amazon.co.jp

ベーシックタイプの腹筋ローラーは、ローラーと左右のグリップが一体化している一般的な形状の腹筋ローラーで、多くの商品が販売されています。
ローラーの幅や枚数によって安定感が変わるので、強度や難易度を設定してトレーニングすることができます。

上級者向けの左右分離タイプ

出典:Amazon.co.jp

左右分離タイプの腹筋ローラーは、左右の手に持ったローラーが、それぞれ分離して動くタイプです。両手で支えるベーシックタイプよりも強い筋力が必要になるため、上級者の方向けです。
縦の動きだけではなく、横や斜めの動きにも対応できるので、よりダイレクトに筋肉を鍛えることができます。

ローラーをチェック

腹筋ローラーは、ローラーの直径が小さくなると床に近くなり、その分負荷が上がります。
ローラーの直径は、長くなるほど負荷が弱くなり、逆に短くなるほど床と体の距離が近くなるので負荷が強くなります。直径が長いほど初心者向け、短いほど上級者向けです。

レベル サイズ
初心者 3〜4 20cm以上
中級者 2 15〜20cm
上級者 1 15cm以下

グリップ(持ち手)をチェック

グリップ(持ち手)には、ラバーやスポンジなど様々なタイプがあります。
かなり強い力で握るので、ある程度クッション性や滑りにくいものがおすすめです

アブローラの使い方

腹筋ローラーのやり方には、膝をついて行う初心者向けの膝コロと、立って行う上級者向けの立ちコロという二つの方法があります。

膝コロ

  1. アブローラーを両手で掴み床に四つん這いになる
  2. お腹を意識してひっこめます(ドローイング)
  3. 上半身はまっすぐではなく、少しだけ猫背の姿勢をとります
  4. 背中を丸めながらアブローラーを前方へ転がします
  5. 伸びきったら(引き戻せる可能な範囲でOK)体勢を崩さないように気を付けながら戻る
  6. 10回×2セット行います

立ちコロ

  1. 足は肩幅か少し広いくらいで、前屈のような姿勢で腹筋ローラーを床に置きます
  2. ゆっくりと、腹筋ローラーを前方に転がします
  3. 膝コロと同様に、可能なところまで転がします
  4. 腹直筋を引き締めて、元に戻していきます
  5. 10回×2セット行います

まとめ

今回はアブローラーについて解説しました。

アブローラーは腹筋だけではなく、他の筋肉の部位にも効くのでとてもおすすめです。

女性の方は最初はキツイと思います。
なので戻せそうな範囲で行い、少しずつ慣れていってみてください。

スポンサーリンク
サル魔王の部屋